03
:
1
2
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

バイバイ、「マドモアゼル」、、、(前回の日本語版)

「マドモアゼル」という単語は「マダム」のように、女性に話しかける丁寧な敬称として使われてきました。
男性への「ムッシュ」に値します。

しかしながら「マドモアゼル」「マダム」はそれだけではなく違う意味を含んだものとして使われてきました。
日常の使い方としては、「マドモアゼル」は若い女性、結婚していない女性、もしくは結婚していないだろうと思われる女性への呼び方になっていたのです。

2010年9月、性差別と戦う二つの団体、“Osez le féminisme”と“les Chiennes de garde”は、公的書類から「マドモアゼル」の欄を削除するよう訴える キャンペーンを行いました。「マドモアゼル」は女性に対する差別であり、婚姻状況について語ることを余儀なくさせていると、二団体は説明してい ます。

mlle2.jpg

年齢や身分とは関係がない「ムッシュ」という敬称の男性に対し、「マダム」は結婚しているかどうかわからない時に使われてきました。「マダム」と「マドモアゼル」の違いを無くしたいというフェミニストの昔からの抗議が問題となりました。

「マダム」、「マドモアゼル」は、若い女性にとってはシングルか、そうでないかということを示し、年を重ねた女性にとっては、尊敬すべき妻、母親、もしくは「年老いた娘」のように使われます。これは軽蔑の意を含んだ、差別ではないでしょうか?

本来は「ムッシュ」に対する不平等性でした。男性に対しては求めていない婚姻上の身分を女性にはいくつかの呼び名によって分けているのです。もしくはフェミニストの団体が言うように、「ムッシュ」、もしくは「モンダモワゾ」、と男性にも「マドモアゼル」に値するものを求めるべきでしょうか?

最終的に2012年2月、フランス首相は、今後同国の行政文書に、未婚女性の敬称「マドモワゼル」を使用しないと発表しました。新たに印刷する書類から「マドモワゼル」は消去され、男性が一律で「ムッシュ」となっているように、女性を示す性別欄は「マダム」で統一されることになりました。

一つ言い忘れていました!フランス語で、un monsieurと言うのに対し、 une madameとは言いませんね、une mademoiselleとも言いません。でももうそれもmademoiselleがなくなった今、過去の話ですね!

Au revoir «mademoiselle»...

Le terme français mademoiselle est comme le terme madame un signe de politesse pour s'adresser à une femme au même titre que monsieur pour un homme.

Cependant, les termes mademoiselle et madame sont connotés.
Selon l'usage courant, la connotation du terme mademoiselle fait qu'il est plutôt employé pour désigner une jeune fille ou une femme (présumée) non-mariée ou pour s'adresser à elle.

Les organisations «Osez le féminisme!» et « les Chiennes de garde » avaient lancé en septembre 2011 une campagne pour la suppression «de la case mademoiselle» dans les documents administratifs, estimant qu'il s'agissait d'une discrimination à l'encontre des femmes, ainsi contraintes de faire état de leur situation matrimoniale.

mlle.jpg

Un caractère discriminatoire vis-à-vis des hommes à qui l'on s'adresse par Monsieur, indépendamment de l'âge ou de l'état civil, Madame semblant employé par défaut s'il n'est pas connu.

Il s'agit en fait d'une vieille lutte des féministe afin de supprimer la différence entre Madame et Mademoiselle.
Pour les plus jeunes, ces termes désignent la femme comme "disponible" ou non.
Si elle est plus âgée, ces mêmes termes désignent la femme comme respectable épouse ou mère, ou comme "vieille fille". Péjoratif et discriminatoire !

Il est par essence inégalitaire, puisqu’on ne demande pas aux hommes d’avoir plusieurs appellations selon leur statut conjugal. Ou alors, s'indignent les mouvements féministes, il faudrait également l'appliquer aux hommes, de sorte que l'on puisse demander : "c'est Monsieur, ou Mondamoiseau"

Finalement, en février 2012, le 1er Ministre a diffusé une circulaire et le terme «mademoiselle» devrait disparaître des formulaires administratifs. Ils sera remplacé par «madame», comme l'équivalent de « monsieur » pour les hommes, qui ne préjuge pas du statut marital de ces derniers.

Ah ! J'oubliais... Notez que l'on ne dit pas une madame mais une dame alors que l'on dit bien un monsieur... On ne dit pas non plus une mademoiselle mais une demoiselle mais ça... c'est déjà du passé, non ?

プロフィール

エスパスフランス

Author:エスパスフランス
大阪、堀江にあるフランス語専門校です。当校のイベントやフランスに関する様々なことを紹介していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR