12
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
30
31
   

パピヨット la papillote

Connaissez-vous les papillotes,
cette friandise originaire de Lyon et qui se consomme pendant les fêtes de Noël?
Il s’agit généralement d’un chocolat, parfois d’une pâte de fruits, enveloppé dans un papier doré ou argenté. Il est un accompagné d'un autre papier portant un message, une devinette, une blague, une citation amusante et/ou un pétard… Les enfants en raffolent ! Ils ne sont pas les seuls !

パピヨットをご存知ですか?
リヨン生まれのクリスマスシーズン必ずマーケットに並ぶお菓子です☆
金銀の包み紙の中身はチョコレートだったり時々ゼリーだったり。
papi.jpg
お菓子だけではなく、一緒にくるまれているユーモア溢れる言葉遊びやなぞなぞ、ウィットに富んだことわざを楽しむのも、パピヨットの醍醐味のひとつ。

papi2.jpg

おまけはそれだけではありません☆
それと共に小さなクラッカーが入っているときがあります!
子供たちに大人気
もちろん大人もパピヨットが大好きなのです。

映画「イヴ・サンローラン」の紹介

「人生で最も大切な出会いは、自分自身との出会い。」

ysl-4.jpg

とっても興味深いDVDを見ました!
モードで女性に自由と美を与えたフランスの国宝的デザイナーイヴ・サンローランの孤独と喝采の日々を振り返るドキュメンタリー映画です。イヴとビジネス上のパートナーであり恋愛のパートナーでもあった実業家、ピエール・ベルジェがサンローランの軌跡を語ります。

21歳でディオールの後継者になってしまった若く美しく内気な天才。
26歳でイヴサンローランを設立、29歳に発表した「モンドリアンドレス」、
あの幾何学柄が服として生まれ、そして評判を呼んでいった瞬間の舞台裏の空気など、
見所がたくさんです。

ysl-3.jpg

どうしてイヴ・サンローランがフランス人にとって特別な存在なのか、
フランスについて、ファッションについて、イヴ・サンローランの生涯について、
見てみたくなりませんか?

SMSのフランス語

sms2.jpg

インターネットと携帯電話の普及とともに、フランス人の若者は独特なフランス語の書き方を生み出しました。より早く書くことができ、小難しいつづりから解放されるためです。

以前からあった省略語(beaucoup→ bcp, toujours→ tjsなど)に加え、新たな略語表記が生まれたのです(たとえば、c は ces, c'est, saisのどれかを指します)。

さらに、単語も簡略化されました。インターネット上では下記のような表現が見受けられます。
「c koi ki va pas?」
(= qu'est-ce qui ne va pas?)
何がダメなの?

「g 1 pb je c pas koman fer」
(= J'ai un problème, je ne sais pas comment faire.)
問題があるがどうすればいいかわからない。

これが「SMS (Short Message Serviceの略:携帯メールのこと)のフランス語」と呼ばれるものです。
もちろんすべての若者がこのようなメールを書くわけではありません。多くはたとえ携帯メールでもきちんとしたつづりでフランス語を書くことを心がけています。
copyright Alma 2011

自転車に続き自動車もオートリブ!(前回の日本語版)

12/5よりパリ市が30分5ユーロで電気自動車を借りれるセルフ・サービスのレンタカー事業を始めました!
年間パス、週間パス、一日パスのいずれかを購入して利用し、パリだけではなく今後その郊外の46の市町村に広がります。全ての自動車が電気自動車で、騒音と排気ガスの減少を目指しています。

autolib2.jpg

レンタルサイクル、ベリブに続きレンタル自動車オートリブが利用可能に。オートリブがあれば、タクシー待ちの列、渋滞、パーキングの場所探し、自分の駐車場、レッカー車、保険料とはもうさよなら!家の下に車を探しに行くことももう必要ありません。

4年前のカーシェアのブームの後、この考えはニューヨーク、アムステルダムで既に存在していました。これは個人の自動車の終わりを意味するのでしょうか??

エスプリは進化し、人々は年老い、公共交通手段はさまざまになり、社会の目の付けどころも変わりました。車の所有ではなく、スマートフォンやブランド物の衣服にステイタスを誇示するようになりました。

この事業が赤字にならないようには80.000人の利用者が必要になります。
これからはオートリブがパリの新しい顔になるのでしょうか?

Le déclin de la voiture individuelle?

Depuis le 5 décembre à Paris et bientôt dans 46 communes de la région parisienne, pour 5 euros la demi-heure plus un abonnement à la journée, à la semaine ou à l'année, vous pouvez louer une voiture électrique qui vous emmnera sans bruit à destination.

autolib.jpg


Après le vélolib, l'autolib est en service. Vous pourrez eviter les queues impossibles pour un taxi, les bouchons, les places de parking, les PV de stationnement, la fourrière, les frais d'entretien et d'assurance et plus de voiture à aller chercher en bas de chez soi.

Après le covoiturage qui connaît un boum depuis 4 ans, ce concept existant déjà à NY et à Amsterdam signe-t-il la fin de la voiture individuelle?
Les esprits ont évolué et la population a vieilli.... Les transports en commun se sont multipliés et les marqueurs sociaux ont changé. On préfère désormais le smartphone et les habits de marque à la voiture.
Il n'en reste pas moins un prix élevé pour certains et un impératif de 80.000 abonnés indisponsable à son equilibre financier.

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR